店舗にあるか遠いか

店員

効果的なアピール方法

飲食店で宣伝活動をするのに使われるアイテムの一つが看板です。これを効果的に活用することで、売上にも大きく貢献することになります。一言で看板と言ってもいろいろありますが、飲食店の店舗に立て掛けるものと店舗から離れた場所に立て掛けるものでは大きく意味が異なってきます。店舗からかけ離れた場所に設置するのは、主に不特定多数の人々に認知してもらうためのものです。そのため、飲食店の位置やお店で扱っている商品や特徴など、端的に分かるような工夫がされているのがほとんどです。とにかくシンプルかつ大衆に分かりやすい看板にすることで、飲食店を効果的にアピールすることができます。一方、店舗に立て掛けられている看板は、お店の目印であるのと同時に、お店の雰囲気を示しているものでもあります。看板というのは、お店の顔であるため、2つのイメージが一致してないと来客者は、戸惑ってしまうでしょう。例えば、シックな喫茶店なのに派手なネオンの看板であったら不釣り合いであり、宣伝効果が見込められません。また洋食の飲食店などで見られる店舗入り口に設置される黒板も一種の看板と言えるかもしれません。黒板の良さは、毎日いろんな情報を書き換えていけることです。よく利用されてるのが、日替わりメニューの献立です。毎日書き換えられるからこそできる看板だと言えます。ただ、黒板に書くスタッフのセンスが試されるため、そこは留意しなくてはなりません。

Copyright© 2018 飲食店開業で重要なアイテム【看板が料理の味を示す】 All Rights Reserved.