新しいお客様を呼び込める

色見本

歩行者の視線を意識する

日本は豊富な食材があるのと、世界中の料理に関する知識と技術が集まっているので多種多様な飲食店が出店しています。街中を歩くだけでそこら中に飲食店の店舗を見ることができ、正直どこを選んだらよいのか悩んでしまうのです。人によってはインターネットから得た情報を、もとにして飲食店を選ぶ場合もあるでしょう。しかし世の中にはインターネット機器を使えない人や、インターネットから得る情報に対して不信感をもっている人もいるのです。そういった人がどうやって沢山ある飲食店から、一つだけ選ぶのかというとそれは看板に頼っています。看板と一口にいっても、様々でビルディングの屋上を利用したり店舗の上に取り付けるタイプも目立つので有効です。ただし大きく設置すると目立つこともできますが、そのかわりに費用もかかってしまいます。費用を最小限に抑えることができるのに、店舗の宣伝につなげることができる看板もあるのです。街を歩いていると店舗のそばに置かれている黒板やパネルスタンドを、見かけたことはないでしょうか。こういった看板は上に取り付けるタイプに比べると、遠方からは見えにくく存在感がないように感じられるかもしれません。確かにその通りですが近くを歩いている人の、視線をキャッチしやすいという長所がこの小さな看板にはあるのです。黒板タイプは書いたり消したりを繰り返せるので、毎日のメニューが変化する飲食店におすすめです。マグネットに対応できるタイプもあるので、メニューをそのまま貼っておくという手もあります。パネルを入れ替えることができるパネルスタンドも、メニューが変化しやすい飲食店には扱いやすいです。

Copyright© 2018 飲食店開業で重要なアイテム【看板が料理の味を示す】 All Rights Reserved.